2009年02月14日

オバマ政権の影響は

今年はじめてのFXブログ更新となりました
オバマ大統領の就任が決まり、財務長官にはガイドナー氏が専任されました

これによってFXの戦略はどう変わってくるか考えなければなりません
と言ってもガイドナー財務長官の発言によってどう為替が動くのか、オバマ大統領の動きによってどのように為替が反応するのかなど

去年FXではバーナンキ議長の発言が目立ちましたが、ブッシュ大統領の発言などはあまりFXの値動きに影響を与えなかったように思います

もちろん影響力はありますが、発言した瞬間にフォーランドフォレックスのレート配信がぶっ飛ぶぐらいの値動きをFXがするのかどうかと言われるとそのようなことはあんまりなかったような

チェンジのオバマ大統領はやはり期待されているだけにFXもさらなる加熱感が出てきて、ドルはあまり買おうと言う気にもなれず、南アフリカランドも買おうと言う気になれませんが、みなさんの中でも業者でもFXのスプレッド縮小をはじめとした投資が活発になってくるのだろうなと思っています
posted by 為替

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。