2009年03月26日

為替の上昇が止まりません

ものすごい上げですね、一目均衡表を使いながらじっくりトレードしていますが一向に売る気になれません。
もうスワップ派として長期のFX投資をしてしまうのもアリかもしれませんわーい(嬉しい顔)

喜んでいられるのも今だけかもしれないですが、これもUSDのガイドナー財務長官などが積極的にアプローチしてくれているおかげであると言えるでしょう。

短期間の円高は見られますが、ドル円やポンド円を中心に中々下がることなく大きくトレンドを作って円安に動いているという雰囲気があると思います。

株式市場を見ても日経平均はどんどん上がって行っていますし、世界経済は底打ったのか、為替は90円台が底値だったのかとおもわされますね。短期間で見ればRSIは少し加熱気味で新規の買いは手控えたいという気持ちもあるわけですが。

私個人としては、FX初心者が申すのもなんですがGBP/JPYはロングでOKじゃないのかなどと考えております。アテにする人はいないでしょうけど独り言的に見通しなどを書いてみました。
posted by 為替

2009年03月22日

オバマ政権の支持率低下

為替に影響を及ぼすのかどうかわかりませんが、アメリカのAIGボーナス問題でオバマ政権の支持率が下落し50%を割ったようです。

ドル円を見てもほんのこの前までは100円へ行くのかと噂されていましたが、既に95円となってしまい、今後さらに円高が続くのかどうかの瀬戸際になっているようです。

イギリスのポンドなどと一緒に反発するようなら絶好の押し目買いを狙いたい所ですが。

もしそれが実現するのであればGBP/USD通貨が多少なりとも下落するような動きを見せないと厳しいでしょう。

私はFX初心者の域を脱しませんが、生意気にもテクニカル分析などをして、特に一目均衡表を中心に使って為替のトレードをしようと考えてる最中だったり。

来週はジーッとポンドを中心に見て行こうかと思っています。
posted by 為替

2009年03月15日

G20が為替に及ぼす影響

期待だけが先行した感のあるG20が閉幕しました。
株も為替も2〜3日前から上昇続きでFXで儲かった人も意外と多いのかもしれませんね。

しかし、ヤフーさんのニュースで見ましたが、アメリカはGDP目標値2%を示唆したものの、結局ユーロ圏の方々が渋い顔をしたということで具体的な数値は見送られたとのこと。

私はFXにてロングポジションを抱えている所なので週明け大きく下がってスタートするんじゃないかと心配になっています。
また為替の円高が進み1ドル80円台へと向かってしまうんでしょうか。

そう言えば最近はジョインベスト証券などを始め、金融商品としてFXを取り扱う証券会社が増えて来たようですね。
posted by 為替

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。