2009年06月04日

底打ちばっかり

ニュースを見ると底打ち判断が目立ってきましたね。
もちろんこれは嬉しいことなのですが、投資の分野においては人の逆の発想をするのが良いと言われているように、私はもう少し様子を見たいという考えで相場に挑んでいます。

なぜならみんなが楽観的になった時が一番天井になりやすい気がするからです。急騰相場でもそのようなことは見受けられますが、目先の動きに囚われず常に冷静沈着な投資家になりたいです。

そうすることで、難しそうな相場も急騰や急落でもなんでもないトレードができるはずで、結局取引を難しくしているのは自分の心理状態なのかなと思う今日この頃です。
posted by 為替
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。